セフレの意味

セフレの意味|欲のままに身を焦がしたい時もある

セフレの意味|欲のままに身を焦がしたい時もある

【完全無料】でセフレ出会い募集
↓↓↓↓↓

 

「セフレ」

 

この言葉の意味を初めて知った時、凄い言葉が出たもんだ…と本気で思いました。
「セックスフレンド=セフレ」という意味なんて、余りに直球すぎて。
この言葉…何が凄いって彼氏や夫がいても、なんせ「フレンド」
浮気だけど浮気っぽく感じられないところじゃないでしょうか。

 

女性にだって性欲はしっかりあって。
独り身は勿論、旦那様がいようが彼氏がいようが、その性欲が満たされない事は正直あります。
一人で性欲処理するのもいいけれど、むしろ虚しすぎて。
男性と違い、一人で処理する回数が増える度、男性が欲しくなる気すらします。

 

ここまでセフレが浸透したのは、女性が性欲を隠さなくなった証でもあるんじゃないかと思いますが
例え婚前前で彼氏がいない人でもセフレがいるとばれれば、良い顔はされないでしょう。
男性との出会いが多い人なら行きずりの関係もいいかもしれない。
でもセフレほど割り切った関係はないと思います。

 

体だけの関係。それがセフレの意味。
本能のまま互いに行為を求める。
それ以上でも以下でもない。
こんなにありがたい関係があるんでしょうか。

 

ただ問題なのは、そこまで割り切った関係を受け入れてくれる男性との出会いがあるか…という事。
セックスフレンドというだけあって、1回2回の付き合いにはならない中で、ある程度の期間セフレ継続をトラブルなく過ごせる男性を探すのは大変かもしれない。

 

今までの自分の生活に絡みがない男性をセフレに出来れば一番いいですが
出会いがSNS等であれば、リスクが伴うのも覚悟しなくてはならないですし。

 

どうしたって女性の方が体の関係を何度も重ねてしまうと情が芽生えてしまう可能性が高く、元々の男友達をセフレにしてしまうと問題なしではやり過ごせない事が多い。
それは本末転倒だから避けたいところでしょう。

 

結局セフレの存在を持つ事自体が難しく、
よっぽど行きずりの関係で済ます方が楽だったり、一人で処理する方が手っ取り早かったりしてしまって案外セフレ持ちの女性って少ないのかもしれません。

 

【完全無料】でセフレ出会い募集
↓↓↓↓↓


ホーム RSS購読 サイトマップ