セフレ出会い

セフレ出会い|出張先での出会い

セフレ出会い|出張先での出会い

【完全無料】でセフレ出会い募集
↓↓↓↓↓

 

男性はどこかで刺激的な出会いを期待するものです。
剃れがふとセフレにな瑠相手かもしれないと想像するだけでゾクゾクとしたりもします。
僕のセフレ出会いもそうです。
仕事がら出張が多い時分にとって期待が膨らむことがあります。
僕がセフレに出会ったのは九州の博多。
元々、福岡出身の自分にとって地元女性の性格は知っているつもりです。
知り合った所は九州最大の歓楽街の中洲。
転勤族だった僕も数年間だけ地元に戻って仕事をしていた時期があるのですが、その時に仕事仲間とよく通ったスナックに行ったのです。
ママも美人系だったのですが、目当てにしていたのは同僚。
僕はその時に狙っていたのは他の子でした。
子と言っても既に30歳前半。
しかも、バツイチだったのですが博多っ子ならではの明るい性格で人気者であったことは間違いありません。
しかも、性格も良くてお店が終わった後もよく食事をしたのですが、その後の関係を持つことはありませんでした。
ガートが堅いと言う奴です。
それから僕は東京に転勤していき数年が経ちました。
今回、このスナックに顔を出したのも実に7年ぶりてでした。

「あっ、すっごい久しぶりー。」
こんなセリフで迎えてくれたのは、その子でした。
「まだ、頑張っていたんだぁ。」
それから、この子はずっと僕の横に付きっきりで飲みます。
ママが僕に博多弁で一言。
「あの子、待ってたんよ。」
彼女からも一言。
「今夜、早く上がるから行かない?」
その一言で言葉の意味を理解した僕。
その後は、他のお店で軽く飲み直した後は、出張先のホテルに泊まっておとなの関係。
初めて身体の関係になったのですが、もう何年も会いしたような感じでした。
ベッドの中で話を聞くと、僕が転勤してから初めてその存在に気づいたとのことでした。
今度、僕が訪れる時に素直に抱かれようと思っていたようです。
今では九州での仕事がかなり増えてきて、ひと月に数回、出張で行っていますが、その度にせフレとして彼女と身体を重ねています。
セフレの出会いって案外こんなきっかけもあるものですね。

 

 

セフレ出会い系サイトで簡単に見つけられたセフレ

 

私にはかなり長く付き合っている恋人がいます。
恋人との付き合いに不満を感じていませんし、浮気なんて考えたこともありませんでした。
ところがある出会い系サイトを知ってしまい、今ではセフレがいるという状態になっているんです。
恋人には心の底から申し訳ないとも思いますが、セフレがいる幸せを感じずにはいられません。

 

きっかけは会社の同僚の一言。
「このサイト知ってる?」と何気なくセフレ出会い出会い系サイトを勧められたんです。
正直それまで出会い系には興味がありませんでした。
しかし「すぐにエッチ出来る女ばかり」と言う同僚の言葉に心が動いてしまいました。

 

早速家に帰ってからサイトに登録してみると、今すぐにでもエッチを求める女性だらけでした。
驚きながらも早速数人の女性にアプローチ。
その中で割とすぐに会えそうな場所に住んでいる、茉莉と言う25歳のOLさんとやり取りが始まったのです。
写メの交換をしたところ、茉莉は結構タイプの女性。
茉莉も私を気に入ってくれた様で、いきなり「明日会えない?」と提案してきます。
登録してからわずか数時間後には会う約束を取り付けていたわけです。

 

翌日待ち合わせ場所に向かうと、すでに到着し待っている茉莉の姿。
思っていたより小柄な女性で、笑った表情がとても素敵でした。
「まずはどこに行こうか?」と聞いた私に、かぶせ気味に「ホテル!」と返してきます。
エッチをすることがある意味前提だったとは言え、茉莉の提案にはちょっと驚きを隠せませんでした。
そんな茉莉は私の手をギュッと握ると、ラブホに向かって歩き始めたのです。

 

メールでのやり取りも少ししかしていませんし、会って間もない私達でしたがホテルに入ると、すぐにお互いの舌を貪り合っていました。
キスをしながらズボンに手を突っ込み、勃起したチンコを触りまってくる茉莉。
私も茉莉のスカートの中に手を突っ込んだのは言うまでもありません。

 

口周りが唾液まみれになるほどのキスをしながら、私達は着ていたものを次々に脱ぎ捨てていきました。
気がつけば全裸になって抱き合い、激しく舌を絡めあっていたんです。
その後シャワーを浴びて体を洗ったのですが、茉莉は浴室でチンコにしゃぶりついてきました。
美味しそうにフェラしてくれる茉莉の姿に興奮。
またフェラテクもなかなかのものだったと思います。

 

ベッドへと移動するとチンコを咥えっ放しの茉莉。
私も茉莉を舐めようと69の体勢へと変えます。
すでに愛液で潤んでいるマンコに舌を這わせると、「あふぅっ」と可愛い声を出して鳴き始めました。
クリに舌が触れると体をビクっとさせ、声が更に一段と大きくなっています。
そこでクリ集中攻撃を繰り出した私。
茉莉は「そこ気持ちいい!もっと強く舐めて!」と狂った様に叫び出しました。
膣には指を数本突っ込み、クリを舐め続けた結果、何度もイキまくった茉莉。
「気持ち良すぎるんですけど…」と何度も呟いていました。

 

クリ攻めの間も茉莉はフェラをずっと続けていてくれたんです。
当然私のチンコもフィニッシュへと向かいたがっていました。
「そろそろ挿れていいかな?」と尋ねる私に、「もちろん!早く挿れて!」と嬉しそう。
しかも「ゴムは着けなくていいよ。早く!」と急かしてくるほど。
愛液と私の唾液でビチョビチョになっているマンコへ挿入していきました。

 

私が激しく突き刺すたびに「あ~ん」と歓喜の声をあげる茉莉。
正常位だけでなくバックからの挿入もリクエストしてきます。
バックでは茉莉のアナルがぱっくり丸見え。
アナルに指をツンツンしながら腰を動かすと、茉莉は「それ気持ちいい!」と興奮しまくりです。
この時いつかアナルを開発してやろうと思ってしまいましたね。

 

茉莉は騎乗位でも腰を動かしてくれ、私の限界が近づくと正常位に戻りました。
そしてキスをしながらセックスを続け、最後は茉莉のお腹へと精液をぶちまけます。
茉莉は射精する私をニコニコしながら見つめていました。

 

そんな茉莉との素敵な出会いがあって、それ以来セフレ関係が続いている私達。
今でも週に数回会ってはセックスばかりしています。
セフレ出会いサイトを使えばセフレを見つけるのって、意外と簡単なんだと感じた出来事でした。

 

28歳 会社員

 

セフレ出会い|田舎町のスナックで出会った熟女との夢のようなセフレの関係

 

田舎町に転勤になって半年が過ぎました。仕事と職場環境にはすっかり慣れたものの、オフの時間はやはり寂しい生活です。
学生時代の友人と会うこともできず、馴染みの食事処で夕食を済ませ、週に何回かスナックに出かけて常連さんと馬鹿話をして時間をつぶす日々が続いています。
彼女もなく、もちろんこんな田舎町では出会う機会もなく、本当に寂しさが募ります。そんな中で、最近スナックでよく出会う女性の事が少し気になっていました。
女性一人でスナックで夜な夜なお酒を飲んで時間を過ごすとは、どんな人なのだろうかと興味をひかれたのです。もちろん、私よりは1周りは年上で40歳は過ぎているだろうと思うのですが、少しあどけなさの残る可愛い女性である事が興味を引くもう1つの理由でした。
ママに聞くと、バツイチで町の商店街で小さなブティックを営んでいる女性との事でした。そんな女性と、ある夜、隣の席になり世間話に織り交ぜて、お互いの身の上を少し話しました。
それ以来、スナックで出会うと親しく語り合う仲になりました。ある時、独り身で外食ばかりの私を気遣い、自宅マンションに食事に招待してくれました。
久しぶりの家庭の手料理に感激し、少々飲みすぎて、私は知らぬ間に眠ってしまいました。夜中に目覚めると、和室の布団で眠っており、横にはその女性がスヤスヤと眠っていました。
化粧を落としたすっぴんの彼女は、あどけなさが残り、本当に可愛く感じました。私は我慢できずに、彼女を抱き寄せ、キスをしました。
彼女はうっすらと目を開け、舌を挿入してきました。我慢できずに、そのままパジャマを剥ぎ取り、くまなく愛撫を施し、彼女のあそこの割れ目に舌を挿入し、ネッチリとクンニもしました。彼女は敏感に反応し、喘ぎ声で答えました。
いきり立つ一物を、久しぶりに女性のひだをかき分けて、その中で密で光る花芯にゆっくりと挿入しました。ああ~ああ~と喘ぎ声を上げる彼女の表情を見ながら、激しく腰を使ってピストン運動を繰り返しました。苦悶の表情を浮かべつつ、歓喜の声を上げ続けました。
こうして彼女とのセフレとしての関係がスタートしました。こんな田舎町で、こんな男女のセフレ出会いに巡り合えるとは、奇跡のように思えました。
最初はおとなしかった彼女のセックスも、回を重ねるにつれ、熟女の本領を発揮し、常に彼女が主導権を持つ淫乱で、激しいものに変化していきました。
結婚を見据えた女性がこんなに激しければ、少々引いてしまうでしょうが、セフレの出会いと割り切った大人の付き合いなら、こんなに最高のセックスはありません。
週末に激しいセックスを楽しむセフレの関係は、私が次の任地に転勤になるまでの2年半も続きました。あんな出会いは人生において2度とない夢のような出会いだったと思います。

 

【完全無料】でセフレ出会い募集
↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ