セフレ募集

出会い系で看護師と知り合いエッチした夜。

出会い系で看護師と知り合いエッチした夜。

 

 

先日、セフレ募集の出会い系サイトで、知り合った女性とエッチをしました。

 

 

彼女は、令子と言って、都内で、看護師をしているそうです。

 

 

彼女とは、出会い系サイトにある掲示板に彼女が『今日、休みなの』と書いていたので、『じゃあ、どこか行かない?』とダメ元で誘いメールをしたら『いいよ。遊ぼう。』とOKメールが
来たのです。

 

 

そこで、待ち合わせ場所と時間を決めて、その時間に行ってみると、彼女らしい女性が立っていたので、声を掛けると彼女でした。

 

 

彼女は、笑うと女優の松嶋奈々子さんに似ていて、こんな綺麗な人も出会い系を利用するんだと思いました。

 

 

とりあえず、喫茶店でお話ししてみると、仕事の愚痴とかを一杯聞かされました。

 

 

その中には、男性の話もあり、仕事が忙しいので、彼氏もできないと言っていたので、これは、もしかするとエッチできるかも?と思い、喫茶店を出た後、食事をしました。

 

 

そして、お酒を飲ませてみたら、下ネタの話もするようになり、これは、イケル!と思った私は、食事を終えて、お店を出た後、手をつなぎながら歩いているときに、『ホテル行こう!』と誘うと、頷く彼女。

 

 

私、心の中で、ヤッターと叫んでいました。

 

 

ラブホテルに着き、部屋に入ると、キスをしました。

 

 

彼女は、キスをしながら『キスをするの久しぶり。』と言っていました。

 

 

後から聞いたのですが、彼女は、半年前に彼氏と別れて以来、エッチをしていなかったみたいで、エッチをしたくて、セフレ募集の出会い系サイトを利用したんだそうです。

 

 

キスを満喫した私たちは、ベッドの部屋に行き、お互いの服を脱がしあい、全裸になると、彼女を寝かせ、愛撫を始めました。

 

 

彼女は、久しぶりの愛撫に少し緊張していたみたいですが、徐々に感じ始め、『あああああ、いい。』と
言った声を出して感じていました。

 

 

特に、彼女は、鎖骨が性感帯みたいで、何度も舐めていると『いや~ん。ダメ、あああああ!』と先ほどよりも大きな声で感じていました。

 

 

もちろん、お○んこも感じていて、クリトリスを丹念に舐めてあげると『ヒイイイイ』と言った悲鳴みたいな喘ぎ声で感じていて、その後も舐め続けていると、『ああああ、ダメ、いっちゃう、いく、いく~。』とオーガムスに達したのです。

 

 

その後、彼女がフェラをしてくれました。

 

 

彼女は、いきなりお○んぽを咥えると、右手で、袋を触りながら舐めてくれたり、お尻の穴も舐めてくれました。

 

 

とても、気持ち良かったです。

 

 

そして、インサートすることになり、彼女の希望で、騎乗位から始めました。

 

 

徐々に彼女の腰が下りてきて、お○んぽをお○んこに入れると、彼女は、『はぁ~ん、いいい!』と声を出し、すべてのお○んぽを入れると、『すっごい、奥まで入ってる。』と言って、感じていました。

 

 

そして、自ら腰を動かして、『ああああ、いい、気持ちいい。』と言って感じる彼女。

 

 

その時、Eカップのおっぱいが揺れる様は、とてもエロかったです。

 

 

次に、バックをしましたが、彼女は、私がガンガンに突く度に、『すっごい、もっと突いて。私をめちゃくちゃにして~。』と叫ぶような声で、私を挑発するのです。

 

 

そこで、私、ガンガンに突きまくっていると、彼女の様子が変になり、『あああああああ、いいい、いく、また、いっちゃう~。』と再度、オーガムスに達したのです。

 

 

その様子を見た私も出そうになったので、正常位の体勢にして、彼女の喘ぐ顔と揺れるおっぱいを見ながら彼女の顔にザーメンを出したのです。

 

 

すると、彼女は、美味しそうにお○んぽを口に咥えると、綺麗にしてくれました。

 

 

彼女とは、翌朝まで、3回エッチをし、ホテルを後にしましたが、その日の夜、彼女からメールが来たのです。

 

 

内容は、『今日はありがとう。また、会いたいね。』でした。

 

 

もちろん、私も、返事をして、来週会う予定にしました。

 

 

今からとても楽しみです。

 

 

32歳。会社員

 

 

【完全無料】セフレ体験をしたいならこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ